涸沢へ

| コメント(0)

連休を利用して涸沢へ出撃。ここ10年で4回目の訪問でしたが、きれいに紅葉する前に枯れた感じになっていて、まったくダメでした。天候の影響なのか・・・・

もう一つの目当ては、13年周期の当たり年と見込まれた「りゅう座流星群」。月齢10・7の月が沈んだ9日午前3時すぎから未明にかけて、それなりに流れ星が観察できました。ただ、この時期の標高2400メートルの夜間は当然、氷点下! 寒さと、レンズの結露に苦労しながらほぼ徹夜で撮影しました。

北穂高岳の付近を流れる星 ☆彡 9日午前3時36分撮影 DSC_1936c.jpg

月に照らされる涸沢カール。現地の小屋によると、テントは何と約1,000張りあり、最多だとか。テントと涸沢小屋、涸沢ヒュッテの泊り客を合わせると数千人がいたことになります。小屋とヒュッテは共に1畳に3、4人が寝るという大混雑。こちらはテントでゆっくりと・・・と目論んだものの、テント場も混雑のため、斜面で小石がゴロゴロという悪条件での設営となりました^_^; 8日午後11時58分撮影

DSC_1201c.jpg

午前4時ごろ、早起きの登山者たちが北穂や奥穂に向かって登り始めています。

output20111009ac.jpg

9日午前9時50分ごろ。快晴。テントがかなり少なくなりました。

DSC_2160c.jpg

DSC_2164c.jpg

縦位置で

DSC_2198c.jpg

霜が降りていました。

DSC_2171c.jpg

パノラマコースから

DSC_2175c.jpg

大雪渓

DSC_2203c.jpg

DSC_2194c.jpg

DSC_2206c.jpg

上高地で

DSC_2273c.jpg

DSC_2277c.jpg

DSC_2314c.jpg

DSC_2372c.jpg

DSC_2438c.jpg

コメントする

月別 アーカイブ

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.6

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、haseが2011年10月11日 22:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「白馬大池」です。

次のブログ記事は「ノビタキ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。