2011年2月アーカイブ

勝山左義長まつり

| コメント(0)

毎年通っている祭りで、これを撮ると、ようやく春が近づいたという気がします。今回は4年ぶりに対岸から狙ってみました。雪解けで水量が多くて流れも激しく中を、三脚をつえ代わりにして撮影ポイント探しにウロウロ^_^;

DSC_5475.jpg

縦位置で。

DSC_5446.jpg

水面のアップ。

DSC_5550.jpg 

各地区の櫓の上では、お囃子に合わせて浮かれます。

DSC_5260.jpg

DSC_5337.jpg

DSC_5354.jpg

DSC_5381.jpg

「浮いた、浮いた、浮いた、浮いた」の掛け声とともに火の回りを跳ねる。

DSC_5605.jpg

竹の先に付けた餅を食べると、無病息災とか!

DSC_5687.jpg

チョウゲンボウ

| コメント(0)

27日撮影。車のすぐ前の看板に止まっていました(^。^)

DSC_5216.jpg

マガン 26日撮影

| コメント(0)

天気が良かったので、久しぶりに鳥見。近くを走る車を警戒して飛び立つ群れ。

DSC_5076.jpg

 その中に変わった子が1羽。マガンと比べて体が黒っぽく、腹は白い、尾羽の黒い部分も少ない・・・マガンと他のガンの交雑のようですね。

DSC_5011.jpg

次のカット

DSC_5012.jpg

ハイタカ

| コメント(0)

オオタカだと思って掲載していましたが、野鳥の会のベテランさんからハイタカとのご指摘がありました。マガンの群れを見た後、立ち寄った場所で。現地でお会いした皆さん、お世話になりました(^。^)

DSC_5152.jpg

コミミズク

| コメント(0)

昨年1月以来の出会いです。飛ぶには早い時間帯で、カラスに追われたのが原因でした。

雪山バックで。

DSC_4897.jpg

雪が解けた田んぼの上で。

DSC_4900.jpg

DSC_4912.jpg

夕焼けノスリ

| コメント(0)

良い色に染まりました!

DSC_4945.jpg

DSC_4955.jpg

ミサゴ

| コメント(0)

真上を飛びました(^^;)

DSC_4819.jpg

道東遠征から(4)

| コメント(0)
オオワシを追加。

DSC_4483.jpg

DSC_4538.jpg

凍った湖の上や青空をバックに飛ぶオオワシをアニメにしてみました。サムネイルはノイズがありますが、クリックすると少しはましに・・^^;

>20110213b.gif

20110213a.gif

道東遠征から(3)

| コメント(2)

ゴジュウカラ。2羽が交代で巣穴のリフォームに励んでいました。

DSC_4786.jpg

道東遠征から(2)

| コメント(0)

イスカ。最終日、壽沸湖に寄った際、同行のメンバーさんが発見してくれました。

この湖でオオハクチョウの死骸が見つかり、鳥インフルエンザを警戒して9時から立ち入り禁止となりましたが、その少し前に訪れていました。オオハクチョウは怪我が原因で死んだようで、ウイルス検査が陽性になったというわけではないとのこと。それでも帰り際には靴裏を消毒されました。

DSC_4659.jpg

DSC_4597.jpg

オオハクチョウは最初オジロワシに食べられ、次に現れたキツネが横取り。北海道の厳しい冬を生き延びるために、生き物たちは必死です。

DSC_4569.jpg

道東遠征から(1)

| コメント(0)

在庫がたっぷりありますので、その中から。

クロガモのペア。

DSC_3870.jpg

オナガガモとマガモ

DSC_4588.jpg

連休を利用して10日から14日まで、北海道へ鳥見に出掛けました。釧路APから入り、根室、羅臼を経て網走近くの女満別APまで、レンタカーで約770km。北の国ならではの初めて見る鳥が10種類以上を数え、大満足の遠征でした。ご案内していただいた野鳥の会大先輩のYさんとSさんには、感謝、感謝です。

初日はタンチョウのポイントに着いた途端、想定外のキレンジャクがお出迎え。赤い舌があることを知りました。

DSC_2953.jpg

DSC_2954.jpg

この日は晴天で、タンチョウも気持ち良さそう。

DSC_2984.jpg

ねぐらへ向かう。

DSC_3083.jpg

夜明け前のねぐら。タンチョウが起き始めました。

DSC_3167.jpg

次第に明るくなってきました。

DSC_3324.jpg

餌場へと飛ぶ。

DSC_3489.jpg

DSC_3503.jpg

キタキツネが現れて警戒します。

DSC_3568.jpg

納沙布岬へ向かう途中の漁港で、ハマシギの群れが。

DSC_3712.jpg

ハギマシコを初見、初撮り。でも電柱では証拠写真ですね^_^;

DSC_3738.jpg

オジロワシやオオワシを木々の枝で見るようになりました。

DSC_3796.jpg

DSC_3821.jpg

DSC_3831.jpg

初見、初撮りのコオリガモ。夕日で水面が良い感じになりました(^。^)

DSC_3885.jpg

日本最東端の納沙布岬へ。

DSC_9391.jpg

DSC_9387.jpg

根室で泊まった風連湖畔のコテージ裏で、ワシたちが餌を求めて数多くやってきます。

DSC_3948.jpg

DSC_3962.jpg

DSC_4068.jpg

餌を奪い合う2羽のオジロ

DSC_4078.jpg

別の漁港でも

DSC_4160.jpg

DSC_4169.jpg

ホオジロガモ

DSC_4218.jpg

シノリガモ

DSC_4237.jpg

DSC_4277.jpg

ワシカモメとオオセグロカモメ

DSC_4232.jpg

シロカモメ

DSC_9381.jpg

前夜から激しい風雪に見舞われ、オホーツク沿岸には「暴風雪警報」が発令。こんな警報は初体験。

地吹雪で前が見えず、所々には大きな吹き溜まりが。道路両端の高い所には道幅を示すと思われる標識が並んでいて、この地で生活する大変さを実感しました。

ということで、この日はひたすら移動するのみで、各所の通行止めをナビ頼りに回避しながら、6時間近く走って網走着。鳥見は到底できないため、旧網走監獄を移築した博物館を見学しました。

DSC_4285.jpg

面会の様子

DSC_4293.jpg

看守小屋の台所

DSC_4306.jpg

外作業の際の食事

DSC_4312.jpgDSC_4316.jpg

DSC_4329.jpg

DSC_4348.jpg

DSC_4352.jpg

最終日は網走で、オオワシとオジロワシを堪能しました。

DSC_4411.jpg

DSC_4450.jpg

DSC_4463.jpg

ワシのなる木

DSC_4469.jpg

DSC_4541.jpg

久しぶりの更新

| コメント(2)

雪がようやくおさまり、心身ともに撮影の余裕ができました(^。^) というものの、土曜日は10時間、日曜日は5時間も除雪作業に追われましたが。最深で190センチほどあった積雪は現在、120センチ。春が待ち遠しいですね。 鳥たちも雪で餌が捕れずに大変です。

DSC_2904c.jpg

雪が消え始めた水田で懸命に餌探し。 DSC_2880.jpg

DSC_2877.jpg

コハクチョウも

DSC_2758.jpg

雪灯篭

| コメント(0)
恒例の雪灯篭。花火に出遅れてしまい、昨年と同じようなカットですが・・^^;

20110205a.jpg

DSC_2729.jpg

1月23日撮影分

| コメント(0)

コハクチョウとヒシクイが仲良く餌を食べていました。

DSC_2581.jpg

月別 アーカイブ

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.6

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このアーカイブについて

このページには、2011年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年1月です。

次のアーカイブは2011年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。